株式会社アリオト (㈱M&Kシステムから引き継ぎ)
高性能ろ過材「ミューロA」製造

トップ
ミューロA特長
ミューロA性能
メカニズム
納入事例
よくある質問
ビーシュリンプ
水槽ろ過

リンク
プリオテクノ㈱
西部ガイナ販売㈱
松下電工が開発し㈱アリオトが製造する高性能プラスチックろ過材「ミューロA」は砂ろ過の約50倍の通水性があります

ひだが多くSSの捕捉量が多いため逆洗回数が抑えられ水道料の節約に大きく貢献します。

カルシュムの多い温泉水のろ過はカルシュウムが固まり水道が出来易くなりますが、ミューロAは水道が出来にくく長期にわたり濾過能力を維持することが出来ます。

カルシュウム溶解剤を使用することでさらに長期間に亘り濾過能力を簡単に維持する
ことが出来ます。


     

㈱アリオトはろ過材「ミューロA」を製造しています。   現在取扱店募集中です
      
 物理濾過、生物濾過が同時に可能なろ過材「ミューロA」の使用範囲は
      ・温浴施設(温泉旅館・ホテル・フェリー・老人ホーム)のろ過器に
      ・プール・池・淡水海水養魚施設
のろ過器に
        ・水耕栽培の水のろ過浄化に
        ・ 稚魚の繁殖用材に

カルシュウム分の多い温泉水には通水性が高く、耐久性に優れた洗浄しやすいミューロAをお試しください

 
 重くて洗浄に負担の掛かる獏岩石の代用品としても好評です

  特許番号 第3613227号

   お問い合わせは myuro@priotechno.co.jp
 
                Tel 082-434-1431 Fax 082-491-1210
    「ミューロA」は、優れたろ過能力とランニングコストの削減を目標に、
    松下電工㈱が開発し㈱アリオトが製造する高性能ろ過材です。
    ミューロAとは、特殊な形状により、物理ろ過と生物ろ過が同時に可能で、
    ランニングコストも抑えることが出来るハイパフォーマンスなろ過材です。
高性能ろ過材『ミューロA』
「ミューロA」は連続した多孔球を球状に加工したプラスチック製ろ過材で
物理ろ過の有効面積を大きく設けた汚物を捕捉しやすい形状で
素材は塩ビ樹脂ですが鉛の入った塩ビは使用しておりません。
さらに可塑剤など環境ホルモン物質を使わないなど、環境に配慮した設計です。
新設・既設問わず、ろ過装置に『ミューロA』を導入することで、優れたろ過能力とランニングコスト削減の効果が得られます。
緑黒赤
 追加

風呂・プールのろ過材に

温浴施設などで安定した塩素濃度を求めるためには水道(みずみち)の発生防止が大切な要素の一つです。そのため大量の水を使って逆洗する必要があります。ミューロAは砂ろ過の約50倍も通水性が良く、ろ過装置内に水道が出来ません。
上下水道代の節約をお考えの方まずはお気軽にお 問い合せください
効率的な濾過に加え、逆洗回数の削減 により、水・燃料・塩素の節約が可能となります。
養魚場/水槽に


稚エビが順調に育っています
稚魚の死亡率が大幅に減少したと好評です
水は、ろ過槽で好気性微生物を繁殖させ、魚の糞・尿・食べ残し等を食べさせることで活性水になります。
ミューロAは、表面積が大きく複数のつづら状のひだをもち、好気性の微生物が定着しやすい環境を作り出します
接水面積の必要なビーシュリンプの繁殖にも
水槽内で水と接する面積が大きく確保されていることが必要とされるビーシュリンプの繁殖には水草や流木が使用されていますが、ミューロAがより効果的です。
ろ過材「ミューロA」は多くのディンプルを有し、接水面積が大きく確保されています。

稚エビのえさとなるプランクトンが付着しやすくなることに加え、好気性・嫌気性バクテリアも付着することで、良好な水質を保つこともできます




熱帯魚店でもろ過材として
使用してもらっています。




拡大
左にの水槽には砂利の代わりにミューロAを敷きました。右の水槽にはミューロAをフィルターに変えてみました。いずれも2週間でバクテリヤが発生し、水が良好な状態で保たれています。フィルターの汚れも目立つことなく良い雰囲気になりました
ミューロAを入れた容器と入れていない容器に雨水を溜めています。
3週間経過時点の画像です

観賞用池のろ過材での使用例
ミューロAろ過器設置前の状態 ろ過機稼働1カ月後の状態 水槽の水にミューロAを投入後
一カ月で違いが確認できました
ろ過機に使用した場合の「ミューロA」の特徴
1
. ミューロAは管理が簡単
    ろ過材が浮上しやすく、逆洗浄することでろ過材が攪拌され、捕捉したSS(汚物)を少量の逆洗水で容易に取り除くことが出来ますので
     管理が簡単でひだがなくなるまでろ過性能は維持されます。


2.衛生管理が簡単
    従来の砂ろ過では、ろ過装置内に水道ができ、水の通りにくい所に、人間の老廃物が蓄積され薬剤が浸透しにくい状態になり、
     レジオネラ菌等 の住処になります。その点ミュ ーロAは、砂ろ過の約50倍も通水性が良く、ろ過装置内に水道が出来ないので薬剤
     が隅々まで浸透し、衛生管理が簡単に出来ます。

3.省スペース・省エネルギー手動型ろ過装置で十分
    通水性が高いため、モーター負荷が小さくなります。したがって、ろ過装置の形状も従来製品よりコンパクトになります。逆洗回数も
     少ないため、手動型ろ過装置でよいのです。

4.用途により、物理ろ過・生物ろ過の2つのろ過方法の使い分けが可能
    養殖場、観賞池等には、透明度の高い活性水を作り出せる生物ろ過が最適です。
     これは、従来の砂とは違い、表面積の大きい螺旋形状をしたミューロAは、好気性のバクテリアの生息に適した生物膜が付着しやすい
     メカニズムになっているからです。物理ろ過は、ミューロAの特殊構造によってろ過材同士にに隙間が出来る構造になっています。
     この構造により、10ミクロン以上のSS(汚物)100%除去する事が可能です。
     また、汚れが上部に溜まることなく、立体的に捕捉されることによって、高い物理ろ過性能を実現しております。

5.逆洗は週1回程度、高い節水性でランニングコストを削減
    逆洗回数が減るため、水、燃料の消費量が大幅に削減できます。又、ポンプに圧力損失が少ないため、電気の消費量も削減できます

6.
既設のろ過装置にも使用できます

   今、お使いのろ過器にもご使用になれます。それによるろ過器の性能・効果の低下は全くありませんので、ご安心ください